日焼けを放置しない

UVケアをうっかり忘れてしまい、日焼けしてしまうことも少なくありません。
仮にキチンとUVケアをしていたとしても、強い紫外線に晒されていると日焼けしてしまう危険性もあります。
もし肌に日焼けの症状を感じたら、すぐに対策を行いましょう。

まず行うべき対策としては、肌をしっかり冷やすことです。
特に肌が赤くなるほど日焼けしてしまった場合は、皮膚の熱を冷ましてあげましょう。
日焼けした状態で放置しておくと、最悪のケースとして炎症も考えられるためです。

次に必要になるのは、日焼けした肌を保湿することです。
日焼けした肌は水分を失った状態ですので、皮膚の内部まで水分を浸透させてください。
保湿に使用するのは無添加化粧水など、肌への刺激が少ないものがオススメです。
冷やして使うシートマスクも最適で、肌の冷却と保湿が同時に行えます。

注意点としては、日焼けしてすぐに美白美容液などを使用しないことです。
ピーリングや角質ケア成分を含んだ美容液は肌への刺激が強く、水分を失った肌にダメージを与えてしまいます。
美白美容液を使用するのであれば、充分に保湿を行って肌の赤みが引いてからにしましょう。

日焼けしてしまった肌をアフターケアすることも美肌には重要ですので、外出から帰ってきたら忘れずに行うようにしてください。

肩の日焼けに要注意

UVケアというと顔を中心に行う人が大半です。
顔の日焼けは美白肌の天敵になるだけではなく、化粧ノリも悪くなってしまいます。
最近ではUVカット効果のあるファンデーションやフェイスパウダーが販売されているため、普段のメイクへ自然なかたちでUVケアを取り入れることができます。

顔以外のUVケアについては、出かけるシーンに応じて使い分けることが必要です。
例えばリゾート地なら全身をカバーできるウォータープルーフの日焼け止めを使うなど、その場に相応しいUVケアを取り入れましょう。

気をつけたい点としては、普段の生活で露出している肩や手足のUVケアです。
最近では肩や手足を露出するファッションが多いため、意識してUVケアを行わないと日焼けを引き起こしてしまいます。
特に肩の部分は日焼けしても目に留まらないことが多く、アフターケアも後手になりがちです。

日焼けした状態で放置しておくと、肌年齢を加速させてしまい健康的な肌質が損なわれてしまいます。
シミやニキビの原因となるばかりではなく、ダメージからの回復も遅くなります。

このような事態を避けるためにも、外出する際は肩や手足にもしっかりUVケアを行ってください。
シミが気になるのであればUVA波を防ぐSPF高めのケアを選び、ニキビ防止にはUVB波をブロックするPAが高いケアを選びましょう。
どちらも防止できるSPFとPA両方が高いケアを行うのも有効です。

また、日差しが強い時は肩や背中を覆う服を選んで肌の露出を控えることも心がけましょう。
女性ならではのオシャレなので肩や背中が出てしまう服を着たくなるかもしれませんが、日焼けから肌を守るのであれば衣服によるガードも重要です。

帰宅後の日焼けアフターケアも重要で、肌のクーリングと保湿は忘れずに行いましょう。
クーリングと保湿を充分に行わないと、日焼けが定着してしまってシミやニキビの原因になってしまいます。
特に保湿で肌のハリを取り戻すことは重要で、ニキビの原因となる活性酸素を新陳代謝できます。

肩や背中の日焼けもUVケアでブロックして、いつまでも若々しい肌を実現しましょう。

しっかり塗って、しっかり落とす

UVケア用品は自分の用途に合ったものを選びましょう。
昔から使っているものを継続して愛用するのも良いですが、最近では品質が向上しているためより良い製品を見つけることができます。

日焼け止めやファンデーションを選ぶ場合には、SPF値とPA値に注目してください。
室内にいることが多い人であればSPF値は20~30程度、PA値は++~+++程度が良いでしょう。
逆に屋外へ出ること人や紫外線を完全にシャットダウンしたい人は、SPF値50、PA++++を選ぶべきです。
SPF50とPA++++は現在のUVケア用品の最高値で、万全の防御体勢で備えたい人に向いています。
また、シミやシワの予防策としてSPF値とPA値が高いUVケア用品を選ぶのも有効です。

プールやビーチなど肌が水に触れる場所では、ウォータープルーフ効果のあるタイプを選びましょう。
さらに、日焼けが気になる部分には重ね塗りや濃い目塗りなど、紫外線を遮断する工夫が必要です。
日焼け止めだけではなくファンデーションにもUVカット効果があるものを選べば、相乗作用を得ることもできます。

気軽に使えるUVケア用品を選ぶだけではなく、自分の使用目的に合わせた基準値もチェックしておきましょう。

UVケアは室内でも

室内で仕事している人はUVケアの必要性を感じないかもしれません。
直接日光を浴びることが少なく、UVケアしなくても紫外線の影響を受けないように錯覚してしまうためです。

しかし、紫外線のうちUVAは波長が長くガラスを突き抜けて室内に到達してしまいます。
つまり、室内にいても紫外線のダメージと無縁ではありません。

午前10時から午後2時までは紫外線が強い時間帯ですから、一般的な勤務時間であれば肌ダメージのリスクが生じます。
退勤時の夕方であっても紫外線は収まっていませんので、UVケアしておくことは必要です。

また、紫外線が強い夏場のみUVケアをしておけば良いわけではなく、年間通してしっかり備えておきましょう。
冬の方が夏よりも紫外線は弱くなりますが、確実に肌への負担を引き起こしています。

日差しが弱い曇りの日はUVケアが必要ないと考える人もいますが、薄曇りの天気では晴天と比べて80%までしか紫外線量は減りません。
雲が厚い天候でも晴天時と比較して60%の紫外線が地上に届いていますので、充分なUVケアをしておきましょう。

室内にいることが多い人でもUVケアは欠かせませんので、肌ケアを忘れることなく行ってください。

しっかり落として肌に残さない

「メイクしたまま寝るのは肌荒れの原因」というのは女性にとって常識です。
そのため、帰宅したらクレンジングする習慣になっているかと思います。

一方で日焼け止めは塗っても、帰宅してすぐにクレンジングする人が少ないようです。
UVカットファンデーションであればメイク同様にクレンジングするので問題ないでしょうが、日焼け止め単体でも速やかにクレンジングしましょう。

日焼け止めに含まれている成分は肌ダメージの原因になりやすく、塗ったまま放置しておくのは非常に危険です。
せっかく日焼け止めで紫外線をブロックしても、肌荒れを引き起こしてしまっては意味がありません。

特にウォータープルーフタイプの日焼け止めは肌に残りやすく、含まれている成分も一般タイプに比べて肌への刺激が強めです。
そのため洗顔料で流すだけではなく、クレンジング剤を使って優しくマッサージするように落としましょう。

UVケアは塗って対策することが第一ですが、帰宅した後にしっかり落とすことも大切です。
日焼け止めなど肌負担の大きいものを使用した際は、なるべく早く洗い落としてください。

UVケアは必須

紫外線と聞いても日焼けの原因程度に考えている人が多いと思います。
しかし、実際は日焼け以外にも様々な悪影響を及ぼすため、軽視することはできません。
UVケアを効果的に行うためにも、紫外線の種類と弊害を理解しておきましょう。

紫外線はUVA、UVB、UVCに分かれており、それぞれ身体に与える影響は異なります。
このうちUVCは地球の大気に遮断されるため、人体への悪影響は心配ありません。
したがって、人体への影響が懸念されるのはUVAとUVBの二つです。

まずUVAは波長が長く、皮膚の奥にまで入り込む性質があります。
そのため、肌のハリや弾力に必要なコラーゲンやエラスチンを壊してしまいます。
シワや弛みの原因となりますので、若々しい肌を目指す方には大きな弊害です。
また、肌のキメが粗くなったり毛穴が開いてしまう弊害もあります。

次にUVBは波長が短く、肌の表皮に影響を与えてしまいます。
肌の乾燥や角質が厚くなる現象も引き起こしますので、美肌を目指す女性の天敵です。
皮膚内にあるメラノサイトを活性化させてシミの原因ともなります。

これらの悪影響だけではなく活性酸素の発生や免疫力低下にも繋がるため、UVケアは肌にとって欠かせません。
肌へのダメージを最小限に防ぐためにも、自分に合ったUVケアアイテムを選んでみましょう。

UVケアはなぜ必要なのか?

紫外線を浴びることによって、人の皮膚は少なからずダメージを受けてしまいます。
最も目に見えるのが日焼けで、白い肌に保ちたい女性にとっては天敵です。
日焼けの原因となるのは紫外線で、日焼けだけではなくシワやシミを引き起こしてしまいます。

紫外線による肌ダメージは光老化と呼ばれていて、肌が衰える主な原因とも考えられています。
肌のハリや弾力を失う要因でもありますので、充分にUV対策することが必要です。

紫外線は美しい肌を損なう原因だけではなく、皮膚病のリスクが高まります。
皮膚がんや白内障など因果関係が証明されている症状もありますので、注意に越したことはありません。

紫外線対策には日傘やサングラスなど身につけるものがありますが、最も有効なのはUVケアファンデーションなどのスキンケアアイテムです。
肌に直接塗るため紫外線の浸透を防ぐことができ、肌内の保湿成分を保つことにも繋がります。
自分の肌質に合わせたケアアイテムを選ぶこともできますので、UVケアと美肌効果の両方を得られることも魅力です。

最近ではUVケアアイテムも進化しているため、効果的な紫外線対策に活用してみましょう。

SPF値とPA値について

UVケアアイテムのほとんどにSPF値とPA値が記載されています。
普段UVケアに使っている人でも、これらの数値が何を意味しているか良く理解していないかもしれません。
そこで、SPF値とPA値について説明していきましょう。

まず、SPF値とは紫外線のUVB波をどの程度防止するか示した数値です。
数値の基準となっているのは「皮膚に赤みができるまでの時間を何倍長くできるか」です。
例えば、SPF30は素肌の状態と比較して、30倍皮膚に赤みができるまでの時間を引き延ばせます。
現在の日本国内製品の最高値はSPF50+です。
海外製品の中にはSPF50を超えるものもありますが、日本人向けの肌に調節されている国内製品の方が良いでしょう。
また、SPF30以上は数値が大きくなっても効果に大差が無いという説もあります。

次にPA値とは、紫外線のUVA波を遮断する度合いを示した数値です。
皮膚に色素が沈着するまでの時間を素肌状態と比較して基準値にしています。
例えば、PA+は皮膚の色素沈着を2~4倍引き伸ばせます。
同様の表記方法で、PA++は4~8倍、PA+++は8~16倍、PA++++は16倍以上のブロック効果です。
最高値のPA++++は近年認可された基準で、UVA波のカットに役立つと考えられています。

今まではSPF値やPA値が高いUVケアアイテムは、肌にダメージを与えるとして敬遠される傾向にありました。
敬遠されていた理由は含有している紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が、肌の乾燥や皮膚の粉ふきを引き起こしてしまうためです。
現在では技術の進歩によって、SPF値やPA値が高くても肌馴染みが良く肌ダメージを防ぐよう改良されています。

紫外線は美肌の天敵ですので、SPF値やPA値が高いUVケアアイテムを選ぶようにしましょう。